院内感染対策 安心の滅菌・消毒

器具の滅菌消毒には様々な方法があります。
患者さんのお口に入る器具は全て滅菌消毒し、感染予防対策に徹底して取り組んでいます。

安心・安全の滅菌・消毒に対する本間歯科の考え
患者さんごとに使い捨てするもの
紙コップ、エプロン、ゴム手袋などは、使い捨てです。
紙コップ、エプロン、ゴム手袋などは、使い捨てです。

グローブは一人ずつ必ず交換しています。
感染予防のために、本間歯科ではゴム手袋は、1日に大量の量を消費します。
グローブは一人ずつ必ず交換しています。

滅菌システム1 超音波洗浄
超音波洗浄で手の届かない隙間の汚れを粉砕して、水洗いでは落ちない汚れを取り除きます。
滅菌システム1 超音波洗浄_

滅菌システム2  オートクレーブ
オートクレーブ滅菌とは、高圧蒸気滅菌のことです。
高温と高圧(121度、132度、2気圧)でほとんど全ての種類の細菌やウィルスを死滅させます。高温で処理するため熱に弱い器具には使用しません。
滅菌システム2 オートクレーブ

滅菌システム3  ホルホープ
ホルホープとは、ホルマリンガス殺菌機です。
オートクレーブにかけられないプラスティック製の器具や使用したバー(歯や金属を削る道具)は、 ホルホープで殺菌します。ハンドピース(削る機械)もこの機械で殺菌します。
この方法も、ほとんど全ての菌、ウィルス(芽胞、B型・C型肝炎ウィルスなど)に対して効果があります。
滅菌システム3 ホルホープ

滅菌システム4  患者さん一人一人に滅菌パックしています。
患者さんがイスに座ってから、目の前で滅菌パックを開封いたします。
滅菌システム4 患者さん一人一人に滅菌パックしています。

タオルも一人ずつ必ず交換しています。
本間歯科では顔や胸元に置くタオルも「濡れていなくても」一人ずつ必ず交換しております。
タオルも一人ずつ必ず交換しています。

PAGE TOP